cinema4dはどのようなクリエイターにおすすめ?

マクソンコンピュータ(MAXON computer)社の統合型3DCGソフト「cinema4d」(以下、C4D)が想定するユーザーは、モーショングラフィックスを手掛けるクリエイターです。具体的には、放送業界や広告業界で活躍している方となるでしょう。また、建築関係の仕事が多いクリエイターからも、C4Dは支持されています。

「モーショングラフィックス+3D」を手掛けるクリエイターにおすすめ

「モーショングラフィックス+3D」を手掛けるクリエイターにおすすめ

モーショングラフィックスは、写真やイラストなどの静止画に、ロゴや文字などを動かして動画効果を加えた作品です。

C4Dは初心者からベテランのプロまで幅広く使えるソフトですが、特におすすめしたいのは、これまで2次元のモーショングラフィックスを手掛けてきて、「そろそろ3Dに挑戦したい」と考えるクリエイターです。

C4Dはレンダリングのスピードが速いので、作業中のストレスはかなり軽減されるでしょう。トライ&エラーを心置きなく繰り返すことができるので、「3D初心者」はスキル獲得の期間を短縮することができます。

さらにC4Dはアフターエフェクト(After Effects)と連動させることができるので、アフターエフェクトで確認しながらC4Dを動かすこともできます。

こうした理由から、「フルサイズの3Dアニメーションをつくるわけではないが、3Dの描写力はプロスペックでなければ困る」というクリエイターにC4Dを強くおすすめすることができるのです。

テレビ番組や広告を制作するクリエイターにおすすめ

最近、モーショングラフィックスを使ったテレビ番組や広告が増えています。「完全動画」や「完全アニメ」はコストがかかるため避けられる傾向にあるからです。また、モーショングラフィックスで多用する文字やロゴは、PR効果が直接的かつ具体的です。そのため制作陣が伝えたい内容を、視聴者や消費者にダイレクトに届けることができるのです。これだけでもC4Dをテレビ番組や広告を手掛けるクリエイターにおすすめできるのですが、もうひとつ推薦理由があります。

それは「サクサクつくれる操作性」です。C4Dは、大量のオブジェクトをほぼ同時に制御できるので、作業効率が高まります。またインターフェースが扱いやすく、これも操作性を向上させています。

テレビ番組や広告の仕事をしていると、クライアントから多数のサンプルを求められると思います。また、一度OKが出ても、作り直しを指示されることも珍しくありません。短時間、短納期を迫られることもあります。C4Dのユーザーがそのような状況に置かれた時、「C4Dを使っていてよかった」と感じるはずです。

建築パースを作成するクリエイターにおすすめ

建築パースを作成するクリエイターにおすすめ

C4Dは3Dの表現力が高いので、建築現場でよく使われています。

最近の分譲マンションの販売会社は、マンションの外観からリビングの装飾、各部屋の内装、こまごまとした設備まで、「フォトリアルな」3DCGの画像を求めます。それは「インスタ映え」という流行語に代表されるように、美しい画像こそが消費者を動かすからです。

新築分譲マンションの公式ホームページ画像のクオリティは年々上がっています。C4Dはこうしたニーズに応えることができます。

また、コンペの参加に積極的な建築事務所の場合「まだない建物」を描かなければならず、この領域でも、ハイクオリティーな3DCGを描けるC4Dユーザーは活躍できるはずです。

建築事務所に勤務するクリエイターや、建築関連の仕事が多い広告代理店のクリエイターは、「C4Dを買っておけば間違いない」といえるでしょう。

マクソンコンピュータ社の統合型3DCGソフト「cinema4d」は、新人クリエイターからベテランクリエイターまで、幅広い層から支持されています。それは、「新人が使いやすいツールはベテランにもフレンドリー」だからです。そして、新人でもハイスペックのソフトを使いこなせなければならないという市場の要請もあります。統合型3DCGソフトの購入で「間違いのない選択をしたい」人は、C4Dを候補に入れることを忘れないようにしてください。

株式会社Cybabaではcinema4d専用ワークステーションパソコンを扱っています。建築ビジュアライゼーションとしてcinema4dでCG製作をしている「スペースラボ」とCPUメーカーである「AMD」の二社と連携して作り上げたマシンが「画竜点睛」です。映像クリエイター向けのプロユースモデルをお探しの方におすすめです。

cinema4d専用ワークステーションパソコンを購入するなら株式会社Cybaba

会社名 株式会社 Cybaba
運営責任者 柴原 誉幸
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10-7 新大宗ビル6F601
電話番号 03-6317-2096
メールアドレス service@pc-factory.net
URL http://grts.tokyo/