cinema4dが「モーションブラフィックスに強い」という評価を獲得できた理由とは

マクソンコンピュータ(MAXON computer)社の統合型3DCGソフト「cinema4d」(以下、C4D)が注目されています。モーションブラフィックスに強いことから放送業界で使われるようになり、その評判が徐々に一般のクリエイターに広がりました。C4Dが高い評価を得ているのは、「モーグラフ(MoGraph)」などの最新技術が投入されているからです。

モーグラフとは

モーグラフとは

モーショングラフィックスとは、写真やイラストなどの静止画にロゴや文字を加えて動画に加工する技術で、表現の幅が広い割に動画ほどコストがかからないため、放送業界や広告業界で多く使われています。

C4Dがモーショングラフィックスに強いのは、モーグラフのおかげです。この技術によって複数のオブジェクトを効率よく動かすことができるようになりました。オブジェクトのクローンをコントロールするエフェクタは、直感的に操作ができる優れものです。

実はC4Dには以前からオブジェクトを操作するパーティクルやXプレッソ、ダイナミクスといった技術がありました。それらの機能をさらに高めたのがモーグラフなのです。

C4Dはモーショングラフィックス以外にも、文字を動かしてアニメーションにする「キネティック・タイポグラフィ」や、図や表の情報をわかりやすく表現する「動画インフォグラフィック」の制作にも適しています。

レンダリングのスピードが速くストレスが少ない

3DCGの制作では物体の質感や光源や影の様子を描くレンダリングが欠かせませんが、複雑な計算をするため、ソフトによっては動作スピードが落ちることは珍しくありません。実際の作業現場では、それをストレスに感じているユーザーは少なくないでしょう。

しかし、C4Dは「反応が速いからレンダリング作業でもストレスが少ない」といわれています。開発元のマクソンコンピュータ社も速さにはこだわっていて、「C4Dの圧倒的な安定性は、スピードが求められる3Dプロダクションに最適」と自信満々に述べています。

レンダリングの速度が上がることで、ユーザーは気兼ねなくトライ&エラーをすることができます。これはチャレンジ精神が旺盛なクリエイターには「たまらない機能」といえるのではないでしょうか。

初心者でもすぐに操作でき、コスパもよい

初心者でもすぐに操作でき、コスパもよい

高いパフォーマンスを発揮するC4Dはプロユースの統合型3DCGソフトです。しかし、インターフェイスのわかりやすさから、初心者向きのソフトであるといわれることもあります。

つまり、3DCGスキルの習得期間からC4Dを使い始めれば、そのままプロのクリエイターになっても使い続けることができるわけです。

またC4Dのコストパフォーマンスのよさも注目に値します。4つのバージョンのうち、最も安いC4D Prime R20は約10万円です。ハイエンドバージョンのC4D Studio R20の45万円と比べると、その「安さ」は際立っています。この点も「3Dアーティストの初心者がソフト選びに迷ったらC4D」といわれるゆえんでしょう。

マクソンコンピュータ社の統合型3DCGソフト「cinema4d」を紹介しました。使いやすさと高機能を兼ね備えた稀有なソフトであるといえます。プロのクリエイターから支持されながら最も安いバージョンを約10万円で購入できる点は、幅広い層から好感されています。プロも初心者も「次のソフト」の購入を考える時に、取り入れるならC4Dも候補リストに載せたほうがいいでしょう。

株式会社Cybabaではcinema4d専用ワークステーションパソコンを販売しています。cinema4d専用マシンをお探しの方は、商品ラインナップよりお選びください。導入前には検証機の貸し出し・故障時には代替機を提供しており、購入前後にはフォロー&サポートがあるため安心してお買い求めいただけます。

cinema4d専用ワークステーションパソコンを購入するなら株式会社Cybaba

会社名 株式会社 Cybaba
運営責任者 柴原 誉幸
住所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目10-7 新大宗ビル6F601
電話番号 03-6317-2096
メールアドレス service@pc-factory.net
URL http://grts.tokyo/