画竜点睛

クリエイティブ
アプリケーションに
最適化
制作現場が求めた
ワークステーション

Cinema4d 等の負荷の高いソフトウェアをトルクフルで快適に使いこなすために制作プロダクションの現場とCPUやストレージメーカーが連携し、4年もの歳月をかけて至高のマシンを作り上げました。

それが「画竜点睛」です。

「画竜点睛」 シリーズはソフトウェアごとに異なる要求仕様を満たすために個別にチューンを施し、レンダリングにおいても高パフォーマンスを獲得しています。

働き方改革のための
ワークステーション

クリエイターのパソコンによる演算/保存による待ち時間が1日平均1時間以上あるという意見が多く見受けられます。一か月に換算すると2日間分の大きなロス。それは会社にとって大きな損失時間。
画竜点睛はパソコンのスペック・コストパフォーマンスを
高く向上、クリエーターの作業を極限にまで効率化、作業時間を短縮します。

  • プレビューレンダリング
    1日平均 1.5時間

    CGクリエイターが抱えているロスタイムはプレビューレンダリング時間。およそ平均1.5時間程。一か月だと33時間、つまり約4日のロスです。画竜点睛はこの時間を短縮するため、アプリケーションの特性に合わせてチューンナップしています。

  • 映像クリエイターの
    待ち時間は多く、長く

    プレレンダリング、エンコード、ファイルコピーなど、映像クリエイターは多くの待ち時間に悩んでいます。画竜点睛は高速化を第一に考えたワークステーション。エンコード時間に関しては費用対効果最大2.5倍以上の実績を持っています。

  • グラフィックデザイナーが
    最も待たされる作業

    グラフィックデザイナーはフィルターを使用した際や、データを保存する際にロスタイムが発生します。画像データが大きくなればなるほどその時間は延長。画竜点睛はその対策としてデータ保存媒体にM.2 SSDを採用。外付けにサンダーボルトSSDも使用可能です。